恐怖の日焼け

お盆も、なんだかんだ働いておりました。
旦那をほったらかしで申し訳なかったのだが、
モンハンやったり、音楽をつくったり、のんびり過ごしたご様子。

唯一ふたりで重なった休みの2日間、1日は畑の草むしり。
が、思わぬことを招いてしまった。
水筒に、蚊取り線香に、チャッカマンに、ウナに、蚊よけスプレーに・・!と、
もちものをいろいろ用意していたら、肝心の帽子を玄関に置き忘れ。
旦那が自分のを貸すと言い張ったが、旦那に悪いし、日焼け止めはぬったので、
手ぬぐいだけ頭にまいて草むしりを半日。
その日は涼しくて、、くもりだったから。でもくもりのが、紫外線が多いのだ。。

そしたら、長年あったシミが、超悪化。
真っ赤に腫れて、化膿して、ふくれてしまった。
うぅ。。帽子、借りればよかった。(というか取りに戻ればよかった)

若い頃の自分は、化粧にまったく興味が持てず、
日焼け止めも、気持ちが悪くてよくぬらなかった。
どうせ、死ぬときには灰になる体を、環境よごしてまで着飾って
意味があるのかな?とも思っていた。

けど年とると、
この肌で化粧をしないのはあまりにマナー違反?とあせり始め、
ようやく、イヤイヤながらも化粧を(前よりは)し始めた今日この頃。
日焼け対策は、まぁ、適当でいっかーと思っていたら、このありさま。

今は、外を歩いて日にあたるのが怖い・・。
畑の作業がたまっているのに・・。
うちはガン家系なので、皮膚がんも怖い。

チョコラBBとHAKUで必死のケアして数日。
少しはよくなったような。ないような。

よい皮膚科を全力で探し中。
強盗マスクでもかぶって、草むしりしようかなぁ。。
それとも大門さんみたいな巨大サングラスか?
[PR]
by shiroshikaku | 2009-08-19 18:19 | 生活