広告業界について

会社にも少〜しだけ慣れ、気づいたこといろいろ。

なんか「俺たち、私たち、選ばれてますから」的オーラが(言動にも)
漂っている感じがする。
そして、忙しいというワリには、のーんびりおしゃべりしている。
たとえば営業の人ならば、社内デザイナーとクライアントを相手
していればいいわけだよね。
編集は、社外に取材相手、デザイナー、カメラマン、ライター、
校正さん、(下請けならさらにクライアント)がいて、
それぞれのスケジュールに合わせなきゃだから・・。

個人的には、編集系の方がホントしゃべるヒマなんてないし、
気取るヒマなんてホントないから、なんかあったかい感じがする。
ひいきめかしら・・・。

広告は「見た目」を追求し、編集は「内容」を追求する。
そんなことなのかもと思う。
(ときには、その逆、なんてこともあるんだろうか)

でもふと、広告関係の友達にそんなことを言ったら、
「私には編集のほうが冷たいイメージあるなー」とゆわれた。

どっちもどっちなのですね(汗)
[PR]
by shiroshikaku | 2005-08-10 00:00