カテゴリ:社会( 3 )

雑誌でふと「界面活性剤はヒフによくない」と
改めて書いてあったのを読んで、添加物について深く考えた。

水で流せるオイルクレンジングというのには、基本的に界面活性剤が入っていて
(水とオイルがすぐなじむんだから当然といえば当然だ)
ヒフの脂質もとってしまって、乾燥肌にしていってしまうんだそうだ。

思えば化粧品ってほとんど石油がはいっているんだよね。
肌につけるものなのに。こわい。
さらに、「添加物無添加」と書いてある化粧品だって、
法律的に表示しなくていい添加物は入っていることもあるらしい。

食品にだって添加物はあふれているけれど、
消費者からお金をとってしまえばいいや、という考えが
こんなにも蔓延しているんだな〜としみじみ。

コスメやさんの店員さんに「界面活性剤の入っていないクレンジングを」と
聞いたら「これたぶん入ってないですよ」と水で流せるクレンジングオイルを
すすめられた。・・・・・・ふー。プロ・・・なのに?

でも、界面活性剤が入っている方がメイクがよくおちるのも確か。
そして、メイクをよく落とさないと、肌荒れになってしまう。
単に「無添加!無添加!」と叫びすぎるのも、いくないのかも。

結局は、自分の肌がゆるす限り、界面活性剤入りのものを使うしかないのかな。
だからメイクは嫌いなんじゃ!なんで社会人のエチケットなんだろう。。ふー。

でも無添加化粧品、いろいろ調べてみようと思った。
でもネットのって、うさんくさいのもいっぱいあるから、
本も平行してみてみよう。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-07-18 23:06 | 社会
ヤフーニュースをみていたら、
「自分が嫌い」という小中学生が増えているらしい。
そりゃ毎日四角い部屋に詰めこまれて、
成績をひたすらくらべられ続けたら、そうなると思う。

なぜか学校って、行くだけで疲れちゃうよね。
最近の子供は夜更かしなわりに、授業開始は早いし。
教える内容はつまんないし。
しかも塾も受験もあるんだもんね。
こっちが切なくなってしまう。

自分の子供時代をふりかえっても、無駄な時間が多かったような
気がする。大人はもっと、子供に豊かな時間を与えるために
奮闘すべきだと思う。

ゆとり教育なんて、言葉上のことだけで安心してはいかんと思う。

日本っていう国が、そらおそろしく思えた。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-07-18 22:49 | 社会

b0036340_2139367.jpg


最近、以前お世話になった方(お世話した方?)に
ちょっぴり冷たい仕打ちというか、
淡白な対応をされた。
お礼のメールを打った。返事はない。
もっかいメール。やっぱり、ない。

メールがあまり得意じゃないのかもしれない(文字を扱う職業なのに?)
最近忙しかったのかもしれない(3週間以上たったのに?)

その人のいろいろな無理難題に、むかつきながらも、親切心で
なんとか答えてきたのに・・。用がすむと、人間ってこうなのかなぁ。。

おおかた私は正直で、おもいやりの心もわりともっている人間だと
信じている。(われながら)

でも、世間では、人を傷つけることがフツウな人も
どっさりいるわけなんだなぁ。。ということを、しみじみと思う。
怪我しているお客さんをほっていく駅員さんだっているわけで。

最近は、そんな人にかまうだけ、自分の時間の無駄なのかな、とも
考えるようになった。
けど、やっぱりどこかムカつくし、そんな人がいること、
その人がそんなふうに育ってしまったこと、おしいなぁ、悲しいなぁと
思うわけです。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-05-04 21:41 | 社会