<   2005年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

運命じゃない人

なんかタイトルからそそられます。
これからって感じの若い役者さんが
個性的な演技をくりひろげるような
邦画が、最近みたくてたまらない。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-05-20 14:15 | 映画
b0036340_22531933.jpg


ツバメファンになり、早2年。
神宮の応援席にひとり陣取り、
生ビール&タコヤキ片手にメガホンを打ち、そして鳴らす
そんな日々にも慣れてまいりました。

そんなわけで、日常の小物も、ついついツバメ柄を
そろえてしまうしまつ。
タイガースファンには、このきもちわかってもらえる
気がします。

そして今日、ふらりと入った新宿伊勢丹呉服売場にて!
昨年買いのがしていたツバメ柄の着物を購入して
しまいますた。大好きな撫松庵でございます。
部屋に広げて悦に入っております。うへへ。
今年の夏は、これで応援にいくぜ!

でもねー、昨今のゆかたはホント高いよ。
今年から、豆千代がゆかたをオリジナルで出し始めたらしく
それはそれはかわいかった。でも私にはちとポップすぎた。

しばし、節約生活なり〜。
来週の面接とおるといいな!
[PR]
by shiroshikaku | 2005-05-19 23:01 | 着物
ひさしぶりに映画をみにいった。
female。jam filmsの第何弾からしい。

jam filmsとは、2002年、ショートフィルムズを
コンピレーションさせた新しいカタチの映画らしい。
前作も、前々作も興味あったけど、みなかったな。
こんど、ビデオでみようと思う。

で、femaleの感想。
全体的に「田舎」を舞台にしたせつないハナシ。
「アノ」シーンが多いため、R-18なのだが、
指定するほどかなぁ?と思ってしまった。

そういうシーンって、確かにドキドキするけれど、
男の人と女の人が、一番純粋に「愛」を思う瞬間なわけで。
(正しいとか、良くないとか、愛の種類は別として)
すごくうつくしいなーと、ただただ思った。

特に「桃」での野村恵里さんという女優さんがよかった。
その瞬間のうつくしさを、とにかく自然に演じていて、
キューンとせつなくなってしまった。

女の人が全身使って感情をぶつけても、男の人の心とは
微妙に交わらない、悲しさ。2つの種族には、永遠にまじわらない
透明な点がある。ような気がする。悪い事じゃないんだけど。
そんな女の人側からみた切なさが、全編通して漂っていた。

womanでなく、もっと動物的な「女という生き物」という意味で
このタイトルはぴったりくるんだろうなぁ。

female
[PR]
by shiroshikaku | 2005-05-19 01:24 | 映画

b0036340_395839.jpg



人生が、
レースや迷路でなく、
一つの芸術だとしたら、
僕は、
光と、風と、出会いの糸を紡ぎ、
世界で一つの布を織ってゆきたい。

************************

って、ある知人の言葉。
今は自転車で世界をひとり走っている。

とてもまっすくで純粋で、
今の日本の世の中の価値観をあてはめると、
「大丈夫かな〜」って心配になっちゃうけど
でもそんなキャラクターだから、こんなにも
力強い生き方ができるんだな、と
本当にうらやましく思った。

で、冒頭の言葉。
なるほど「人生は芸術」ね。
そう考えると、私だって、
死ぬまでの時間をめいっぱい使って、すばらしいアートを作らねば!と、
パワーがわいてくるのです。

人生をどう生きようと、思えば自分にすべてゆだねられていて
そして、人生はがんばるほどに、カラフルになっていって、
明日は今日よりも、確実になにかがプラスになっているわけで。

なんて、すてきな考え方!
[PR]
b0036340_1194543.jpg
b0036340_1195462.jpg











GWが終わると、「あ〜1年も、もう1/3終わっちゃったの!?」と
無意味かつキョーレツに焦るものである。

ここ最近のGWは、寝正月ならぬ「寝ゴールデンウィーク」を
実行し続けて来た私だが、今年は違った。

夢だった、「香川でうどん」に挑戦!
田んぼに囲まれた民家で、うどんをすすることになったのダ。

麺ずきだもんで、ひそかに「10杯は行ける」と
自分の胃袋を信じていたものだが・・・けっこうハラふくれるね。

ガイドにのってる「がもう」と「おか泉」をセレクト。
(けっこう、店名の響きで決めた。ちなみに写真はがもう。)

問題の、味やノドゴシはというと・・「ん?けっこう千葉の
うどんやもうまいではないか!」という感じ。
香川のうどん、確かにうまいのだが、関東にある讃岐うどんの
店(有名チェーンなど)も同じぐらいうまいゾ!

ただし、やはり田んぼというノンビリロケーションが
うどんに加える妙味は限り無くある。
「味にとって、ロケーションも重要」としみじみ感じた
GWでありました。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-05-13 01:22 | 生活

b0036340_2139367.jpg


最近、以前お世話になった方(お世話した方?)に
ちょっぴり冷たい仕打ちというか、
淡白な対応をされた。
お礼のメールを打った。返事はない。
もっかいメール。やっぱり、ない。

メールがあまり得意じゃないのかもしれない(文字を扱う職業なのに?)
最近忙しかったのかもしれない(3週間以上たったのに?)

その人のいろいろな無理難題に、むかつきながらも、親切心で
なんとか答えてきたのに・・。用がすむと、人間ってこうなのかなぁ。。

おおかた私は正直で、おもいやりの心もわりともっている人間だと
信じている。(われながら)

でも、世間では、人を傷つけることがフツウな人も
どっさりいるわけなんだなぁ。。ということを、しみじみと思う。
怪我しているお客さんをほっていく駅員さんだっているわけで。

最近は、そんな人にかまうだけ、自分の時間の無駄なのかな、とも
考えるようになった。
けど、やっぱりどこかムカつくし、そんな人がいること、
その人がそんなふうに育ってしまったこと、おしいなぁ、悲しいなぁと
思うわけです。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-05-04 21:41 | 社会