<   2005年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

世田谷郵便局では、年賀状の仕分け作業について
徹底的に局員教育をして効率化をはかっているそうだ。

何万何億とあるハガキを処理するには、
コンマ1秒だって積み重なると莫大なロスになる。
担当者いわく「これまで役所の体質として向上心が薄く
新しい事へのチャレンジが少なかった」そうだ。

わたしも仕分けバイトをやったことがあるのだけれど、
教える局員さんの仕事に対する姿勢に、ムズムズした。
高率とか、正確さとか、もっともっと追求できると思った。
でもそれは、民間企業で働いた者の感覚としてで、だ。
公務員は、がんばろうががんばらなかろうが、同じなのかな・・。

どこかの郵便局で、年賀ハガキがもう配達されてしまう事故があったけれど、
あんなのちょっとした間違いで簡単に起こると思ってたから、驚かなかった。

今の会社の上司も、平気で「コレをアレして」
なんて言う・・。(原文ママです・・ハァ。)
効率化の世の中、意外とまだまだ効率的でない要素は
あちこちにちらばっている。

まぁ結局は、仕事に対する「個人の誠意」の問題だとも思うのだがなー。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-12-27 22:54 | しごと
ヤクルトに・・広島からラロッカが・・!
去年はそんなに打たなかったみたいだけど、
また30本ぐらい本塁打を打ってほしいなー。
来季の楽しみが増えました。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-12-23 02:35 | 古田
大好きなギャラリー、市川のコルトンプラザにある
galleryらふとに、クリスマス展示を見にいってきました。

宮崎桃子さんという作家さんの、ふわふわのフェルトでつくった鍋つかみと、
すてきなカレンダーを購入しました。

ほかにも、萩原朋子さんという作家さんの、犬のいる状景をモチーフにした
陶器は、小さな宇宙みたいに、そこだけの「シーン」が感じられて
すごくすてきだった。
世良順さんという作家さんの、しんちゅうをつかった、
貼り絵のようなデザインのアクセサリーは、使えば使うほど
深くなるだろう質感を予感させて、ひきつけられた。
ハリネズミやトリさんのピンブローチとか、クリスマスツリーのペンダントとか。
ちょっとお高めだったけど、いつかほしいな〜。

店内にはスパイスをきかせたホットワインの香りと、
水仙の香りがまじって、クリスマスらしい崇高な気分になれました。
ホットワイン、作り方をおそわったので、是非自分でもつくってみたい。

水仙の香りは、嗅ぐと「ふゆ」って感じがする。
心のなかがスーンとすこしさみしくなって、
でもどこかホッとする。不思議な香り。

ちょっと元気がなかったから、この日、この場所にいってよかった。
いくだけでホッとできる場所を、もてたことがうれしいなと思った。
スタッフの方も、みなさんなごやかな方ばかりでオススメスポットです。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-12-21 12:43 | おでかけ
大事なものをなくした。
このところブルーだったのに、さらにブルーに(涙)

でも、「それは何かの身替わりになってくれたんだよー」って
友人の言葉。ちょっとすくわれた。

なくした場所はわかっているだけに、辛い。
みなさん。落とし物は迷わず店員さんかおまわりさんへ・・!
おねがいします。


「働きマン」をたちよみしていたら、
相方と別れ、徹夜で原稿書きをしながら泣きまくるという
おはなしだった。
私はGWに休日出社し(しかも部署には自分ひとりきり)
泊まり込みで原稿を書いているときにふられたことがあるので、
めっさ自分とダブって思わず本をとじてしまった。

いやー、あれは辛いですよ。
泣いてても手は動かし続けなければならず。
悲しいのに、頭は原稿のことを考えなければならず。。
みなさん、誰かをふるときには、相手が泊まり込みなのかどうか
確認してから、ふりましょう。

でも、サルモネラにあたった時の方が辛かったけど。
古いめだまやきには、気をつけましょう。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-12-21 12:26 | 自分ごと
に、なるかも!らしいデス。

ファンとしては、注目されるようになればうれしーような、
そして、いままでのホノボノスワローズがどうなってしまうのか、
ちょっと不安なような。

でも、いろいろ新しくなっていけば、楽しいだろうな!

来年は、どんどん若い選手がでてくるのだろーか。
それはそれでうれしいんだけど、古い選手も活躍してほしいなー。
土橋とか、鈴木健とか。
[PR]
by shiroshikaku | 2005-12-19 22:33 | 古田
上野の美術館に、着物友と着物でおでかけ。

この日は、ふりふの水玉ポリと撫松庵の椿帯と
居内商店のツイードポンチョで出陣ッス。
友達はシックな縞の着物で、ポップ調コーディネイトを
ちょっと反省した。もう少し落ち着いたものをきねば。

入場時間まで間があったので、レトロな洋館にて記念撮影大会。


b0036340_2040651.jpgb0036340_20401629.jpg





通行人の視線もものともせず、撮るわ撮るわ。
ふー、でも楽しかった!
[PR]
by shiroshikaku | 2005-12-07 20:50 | 着物
を読んだ。

利用者カードをずらりと載せている部分が
メインだので、あっというまに読み終わる。

じーんとくるものもけっこうありよかった。
しかし、文字数で考えると、ちょっと高い本かも。
文字離れ世代にはいいんでしょうが。

個人的には、ヤクルトネタ(※下記参照)が4回ぐらいでてきたのが
すごいうれしかった。

土橋の応援歌が、頭の中を5回ぐらい、かけめぐった。

ヤクルトネタについて
[PR]
by shiroshikaku | 2005-12-07 20:34 |