<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ずっと探していた、キッチンの仕事につけることになった。
春ぐらいから、探しては断られ、探しては条件が合わずに断りを
何度くりかえしたことやら。。

でもやっと、ひそかに第一希望だったところに、無事もぐりこめました。
そんなに経験もないのに、一から丁寧に教えてもらえて、
しかもけっこうやらせてくれるのがうれしい、なかなか恵まれたトコロっす。

野菜はたいていが有機なのだけれど、やっぱり虫くんもついている
ということで、今日はひたすら虫をとる作業をしました・・・。

つかれた・・・・。6時間もトイレいかず、休憩なし、たちっぱなしは
けっこつらい。でも大学生のころにキッチンをすこしやっていたので
こんなもんだろ~な。って感じだ。
でも、食材を刻んだり盛り付けたりしていると、本当に楽しい。
いろいろ味見をさせてくれるし、まかないは実際店頭にならぶもの。
舌でもとても勉強させてもらっている。

朝4時起きっていうのも、なんだか早すぎて苦痛を感じるひまがないかんじ(笑)

今日は飲食の方が終わってから新聞社へ直行。
さすがに体がヘトヘトで少しめまいがしたけれど、じき慣れるかな?
(仮眠室で少し眠らせていただきましたが・・・。)
週3日はこんなかんじで、明日、あさっても13時間労働がつづきます。
がんばれ!自分!
[PR]
by shiroshikaku | 2006-05-31 21:13 | しごと
ウチからマリンスタジアムは車で10分ぐらいなのだけれど、
今日の夜、ちょっとびっくりした。

球場の花火が、うちの部屋からバッチリ見えることが判明!
不動産やさんも、なんにも言わなかったのに!

まぁ、そんなに大きくは見えないのだけれど、
見えるとちょっと得した気分。

花火デーを覚えておいて、これからは窓の外をのぞくようにしよう。
でも、球場でビール片手に、が一番いいのだけれど。
マリンの花火は、変わり花火があったり発数が多かったりで、
神宮にくらべると、ちょっとリッチです。
[PR]
by shiroshikaku | 2006-05-23 19:53 | 季節モノ
先週の土曜日、4日めの研修に。
朝おきるとかなりの強風で、一抹の不安を感じつつも、埼玉の小川町に到着。
でも、朝方はかなりの快晴。

農場に早めに到着したので、ここで畑を借りている元研修生のおばさまに
畑の作物を見せてもらう。定年後、楽しむために畑をはじめたそう。
週末畑に通いながら、神経質になりすぎず、ゆるーく楽しんでやっていて、
こんな感じなら、わたしも畑を借りてみたいな〜と思った。

ブロッコリーにいた、青虫くん。ふにゃふにゃでかわいい。
わたしの手のひらで、くねんくねんしていました。
b0036340_16335088.jpgb0036340_16335878.jpg
















しかしその後、おばさまにガッと踏まれました・・合掌・・。
(これからは、わたしもがんばって踏みますね、おばさま)

午前中は育成中のトマトやイチゴの様子や、
発芽させる前の種もみを水に浸しているところをみたり、
ナスなどの仕立て方をおそわりました。

レタスとタマネギにピクルスとゆでたまごをかけたおいしいサラダを
ごちそうになりつつ昼食をとった後、午後の作業。

ネギ畑にいって、草とネギボウズをむしる。
そのころには、もうじき雨が降る、ってことを察知して、
カエルの鳴き声がだんだんと大きくなりはじめた。
雨が降り出す前に、畑でカエルの鳴き声をきくっていうのはなんだか心地よく幸せで、
植物と虫と、同じ空間に今いるんだなーってしみじみしてしまった。
自然のなかにいると、ちっぽけな自分の位置を再認識しつつも、
やっぱりなんだか安心するなー。

雨が降ったので、ハウスに避難しつつ、中でタマネギの葉っぱむしり作業。
葉っぱを10cmぐらい残して乾燥させ、あの店頭の茶色い状態にします。
むしって、むしってむしりまくっていると、タマネギの色素なのか、
手が少し黄色くなった。おもしろい。
汚れた手をハウスの屋根から伝う大雨できれいにする。
(なんかこういうのって、小学生に戻ったみたいで楽しい)
最後にナスとピーマンの苗を見つつ、わき芽かきなどについて
レクチャーを受け、終了。

作業後のお茶では、天然酵母のパンと手作りママーレード、
ミニジャガイモの茹でたて、ママレード入りハーブゼリーをごちそうに。
今回の先生のところでは、いつもごちそうになってしまっているな〜。
実際に新鮮な有機野菜を食べるのも、すごくいい経験になる。
次回で違う先生のところに変わるので、最後に写真をとることになった。
すごく心地よい農場&人達だったので、なんだか切なくなってしまった。
でも、次の農場も楽しみ。

帰宅して、コッソリもちかえったネギボウズを味噌で炒めて食べた。
少しアクを感じるものもあったけれど、大抵はおいしかった。
5月上旬のものならば、もっとアクは少なかったかも。
ニンニクの芽に似た風味と、ネギの甘さを感じました。
また食べたいなぁ。

b0036340_16325245.jpgb0036340_1633174.jpg
[PR]
by shiroshikaku | 2006-05-22 16:25 | おでかけ
よくいくギャラリーで、ずっと欲しかったポットを買った。
萩原千春(はぎわらちはる)さんという若い男性の作家さんのもの。

引っ越ししてから、この方のポットが欲しかったのだけれど、
買うのをずっとがまんしてて、
やっと買えたので、かなりうれしかった。

軽いのにしっかりしていて、たくさんお湯が入って(お茶ずきには重要ポイント)
実用的。それでいて美しい。
緑茶にも、紅茶にも、ほうじ茶にも似合う。

使いはじめる前、白いほうろうのボールに水をはって
ポットを沈め、水を吸わせた。
白い、吸い込まれそうな、静かな世界があった。

だいじに、だいじにしていきたい。
b0036340_1415098.jpg

[PR]
by shiroshikaku | 2006-05-16 01:42 | 生活
おととしは、ずっと着られる水着(タンキニでおなかのとこが生地多め)を、
去年は、ずっと着られる浴衣(地味めで大好きなツバメ柄)を買った。
ずっと欲しかったA3ファイルが入るスカイブルーの
レザートートも、オーダーした。

だから、これからは水着も浴衣も、でかい取材用バッグも、
よっぽどのことがなければ、買わなくていい。うれしい。

こうやって、買わなくていいものが、どんどん増えるといい。
ダメになりそうになったら、ちょっと修理してずんずん使いたい。

何かをボロボロになるまで使い切ることは、モノに対する最低限の愛情だ。
ボロボロになっても、それはそれで美しいと思う。

でも、何でもそうやって1種類のものを1つだけ持って
ガンガン使うのは、私のわるいクセでもある。
ローテーションが早くて、すぐボロになってしまうから。

ボロのものでも愛着があればわたしは好きなんだけれど、
友達に「やめなよ」と止められてしまうので恥ずかしい。

雑誌「暮らしの手帖」の編集長だった、花森安治(はなもりやすじ)さんは
同じ服を2、3点同時に購入して、長もちするよう着ていたとか。
もうちょっとおばさんになったら、そんなこともしてみたい。
[PR]
着物あるきスポットのひとつ川越。
きもの友達とずっと前から行きたいねーといっていたところの
ひとつだったのだが、ついに今年のGWに決行することになった。
b0036340_141276.jpg


それにしても、川越は遠い!
帯が崩れないよう気にしつつ長時間電車にゆられ、
到着するだけでみんなくたくたになっていた・・。

しかし気合いを入れ、MAPを求めて駅の観光案内所へ。
なんでも川越には「着物歩きの会」があるそうなのだが、
着物姿を見た観光案内所のおじさまが、「是非連絡するように!喜ぶから!」と
半ば無理矢理「着物歩きの会・会長」の連絡先をにぎらさせられた。
(おじさまのテンチョンにちょっとビビるわたしたち・・)

おじさまをふりきるようにバスにのり、今回の目的を遂行、遂行。
川越といえば、古い蔵の町並み!GWの人ごみがすごかったけれど、
まさに小江戸!で見ごたえがあった。
いくつかの蔵は実際見学もできたり、蔵を利用したレトロ喫茶があったり。

そのままテクテクと菓子屋横町へ。イモのアイスや、焼き立て団子などなど、
もりだくさん。1mの麩菓子がほしかったけど、ジャマになるので
がまんをする。(みんな結構かってたけど・・)
b0036340_144196.jpg



最後のメインなエベントとして、川越唐桟の取扱い呉服店「かんだ」へ。
b0036340_1175565.jpg

川越ならではの木綿の着物、川越唐桟は絹のような手ざわり。
織る人が減り生産があまり追い付いていない上に、昨今の木綿人気で
遠方からわざわざ訪ねる人も多く、在庫がめっきり減っていた。
そこで、いくつか気になった柄をとりよせして、再度みんなでリベンジすることに。
接客してくれた若だんなは、かなり気さくないい方で、着物への愛がムンムンただよっていた。
とにもかくにも、木綿はいいなぁ。ふぅ。
[PR]
by shiroshikaku | 2006-05-09 01:06 | 着物
b0036340_0305197.jpg
b0036340_031697.jpg

先週、有機農業の研修にいってきた。

お天気がとってもよくて、ハウスのなかはちょっとしたサウナみたい。
トマトのわき芽をかいて(摘んで)から、クキをロープにからませる作業をしました。
「かいた」芽はさし木でふやせるとのこと。
ありがたくいただき、家で早速、挑戦です。(プランターだけど)

ネギ畑では、小さなネギ坊主がにょきにょきと。
そのままではネギが固くなってしまうそうなので、
みんなでポチポチと坊主君をつむ。ぷにぷにしていてかわいい。
(たべられるのかな?と疑問に思ったが、醤油とすり胡麻で炒めるとウマイらしい。
 まずい、畑に放ってしまった・・もったいない)

b0036340_0312297.jpg


最後にバジルやニガウリなどの苗を植えたりして終了。

この日はお昼に朝採ったレタスをいただく。
味噌とマヨネーズをつけるだけなんだけど、レタス自体が甘くて
幸せ気分になった。
[PR]
by shiroshikaku | 2006-05-09 00:29 | 季節モノ
ここんとこバタバタしていて、すっかり更新するのに
おっくうになっていたなー・・。

やっとこさGWも終わり、落ち着いてきた。
前半戦は、南船橋のIKEAにいったりギャラリーのカフェを2日手伝ったり。
後半戦は、川越へ着物で散策、そして小川町で農業研修。

けっ・・こう、体力勝負な日々で、家にたどりつくと
「ツカレタ・・ツカレタ・・」とゾンビのようにフラつきながら
つぶやいてしまいました。年だなー。コワイわ。

いろいろ手を出すのもいいんだけれど、そろそろ年を考えねば!と思った次第。
同時に、運動して体力もつけねばだ!
[PR]
by shiroshikaku | 2006-05-08 01:41 | 生活