<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

b0036340_10523137.jpg


今まで、テフロンのフライパンしか使っていなかったのだけど、
最近調理中、テフロンが一気にはげるという事態にでくわし、
ここは鉄フライパンにチャレンジするころあいか? と、ず〜っとほしかった及源 oigen の「ソテーパン」を買ってみました。

なぜか公式hpで扱いがなかったので、メーカーに聞いてみると「今うしろに下げてるのかもしれませんねー。商品番号で注文してもらえればお売りできます」とのこと。ちょっと前、よく雑誌にでていたような気がするのだけれど、そのせいなのか・・それとも、ほかの製品に力をいれたいのか・・・。よくわかりませんが。

この小さめサイズにしたのは、南部鉄は重いので、女の腕ではこれが限界だろうということ。炒め用には軽いものが欲しいので、重いだろうけどこのサイズなら、と思って今回はoigenにしてみた。oigenは、ホットサンドメーカーを購入してから、とても好きになってしまったのです。(oigenの直火ホットサンドメーカーは、おそらく耳まで入る唯一の直火ホットサンドメーカーではないかと思う。ホットサンドはカリカリの耳こそおいしい。そして三角に焼けてわたしごのみ。)

話がそれたけれど、フライパンを使ってみて思った事。
コショウやトウガラシの香りがとにかく立つ! ちょっとびっくりするぐらい。よっていれすぎ注意です。たまごやきを何度かやったのだけど、きちんと熱してから入れないと、くっつきやすい。サーモンソテーをしたら、表面ばかりこげてなかが火がとおっていなかった、などがあった。火加減など、これから学ばねばです。

写真はある日のあさごはん。玄米酒粕のスープ、めだまやき、ホシノ酵母のパン。
ちいさいのでテーブルに出せるサイズなのもいいです。

大きいフライパンは、あじねフライパンをねらっています。でもほかのにも迷っています。
早くきめないと、炒め物ができない・・・。
[PR]
by shiroshikaku | 2012-10-09 10:52 | 料理