3月 畑の作業 その2

今日は、返却する畑に育っている大麦を、今年も借りる区画へ移植した。

大麦を移植するなんて、聞いたことないので、ネットでちょっと調べてみたけれど、
やっぱりのってない。。
でも、、麦ってイネ科だよね? 
イネは田植えするし、麦だって同じようなことしても育つんじゃ?
と、理屈をつけて、青々と茂っているのを捨てるのはもったいないので、
4畝分、移植した。腰がいたい。

去年播いたものの、育ちのわるかった大根を収穫。
菜っ葉部分はおいしいので、ごま油でいためて、ご飯にのっけたり
おにぎりにしたり。

ターツァイ、カブがトウだちし、菜花がでている。
ハトが2匹、こわがることなくやってきて、熱心についばんでいた。
とてもおいしそうに食べるので、まぁいっか。。と思いつつ、
15分ほどずっと食べ続けているので、最後は追い払ってしまった。
しかし畑に来るハト、足輪してるんだよねー。なんだか解せない。。
どっかから逃げてきちゃったのかなぁ。

3月上旬の暖かい日が続くと、ネギが急に固くなり、
くきが割れ、新しい芽がでてきてしまう。
畑に行くたび「今日のノルマ」といわんばかりに5本ほど抜いて、
あせりつつ食べる日々。

ローマンカモミールが冬を越して、通路に広がっている。
古い種があったので、ばらまいただけなんだけど。。
今年はジャーマンカモミールを育ててみる予定。

紫色の八重のチューリップを植えておいたら、
今週になって芽が出始めた。
水もやらず放置していたのだけど、きれいに咲いたらうれしいなぁ。
[PR]
by shiroshikaku | 2010-03-05 17:29 | 農業