イチョウの芽

大手町のオフィス街にも、ずいぶんとなれてきた今日この頃。
私が働く会社の近くには、イチョウが並ぶ道があります。

ちょっと前には、裸の木だったのに、ここ数日でぶわぁ~っと
若葉が芽を出し始めました。

で、イチョウは若葉からイチョウの形をしているんですね!
友達に「イチョウの若葉ってね!」と意気込んで話したら、
「知ってるよー」とのこと。
そんなーぁ。知らなかったの、わたし、だけ?

イチョウの若葉が出立ての頃は、若葉ひとつひとつが「点」みたいに小さくて
樹木をひいて見ると、青空をバッグに、点描画みたいな美しさ。
だんだんと、モッサリはっぱが茂っていく様子もいいのです。

こういうのを見るうれしさって、何に対するうれしさなんでしょう。
春が来て、暖かくなるからうれしい、それだけではない気がする。

たとえば飼っているペットが、成長していく喜びと似ているような。
うまく言えないけど、そんな感じです。
by shiroshikaku | 2006-04-13 20:10 | 季節モノ